ewustv のすべての投稿

お葬式のスタンダードな流れ

お葬式のことを葬儀といいますが、葬儀に参列した経験を持つ人は多いのではないでしょうか。
特に、社会人になったときなどは色々な場面で葬儀に参列しなければならないケースも出て来るため喪服を用意しているケースも多いといえましょう。
会社の中で行われる葬儀は社葬などといわれていますが、これは企業が主体となり行われるもので、喪主となる人は会社の関係者のケースが多いのではないでしょうか。
喪主は誰が務める?葬儀での喪主の決め方と役割

一般的に喪主になる人は、他界した人から見て一番血筋が近い人になります。
例えば、旦那さんが他界したときには奥さんが喪主をつとめることになる、奥さんがいない場合には子供たちが喪主をつとめ、長男もしくは長女が葬儀の主導権を持つ形になります。
ただ、子供がいない場合には親戚の中でも一番血筋が多いと思われる人が主催者になるなど、子供がいるのか夫婦のいずれかがいるのかで喪主になる人の属性は様々です。

病院などで他界したときには病院から死亡証明書を受け取らなければなりません。
この証明書は火葬場で死体を焼く時に必要な書類で、病院から死亡届を受け取った後は住まいの住所を管轄している市区町村の役所に出向き火葬場の利用許可を受け取るなどの流れになります。
火葬場は各市区町村が定めた施設の中にあるもの、住まいの住所を管轄している役所をはじめ、他のエリアにある火葬場を使うこともできます。
このとき注意をしなければならないことは、住所を管轄している施設では市民割引などのように料金の割引が行われる点です。
仮に、住まいの住所を管轄していないエリアで遺体を処理するときには通常の倍近い金額が必要になりますし、あくまでも火葬場は市民や区民などを優先しているため、混在しているときなどは後回しになることも少なくないのです。

火葬場で死体を焼く儀式は告別式と呼ばれるもので、お葬式の一つの工程に過ぎません。
葬儀はお通夜を行い翌日に告別式といった流れになるのが一般的ですが、季節や死体の保存状況に応じて最初に告別式が行われて翌日にお通夜などの運びになることも少なくありません。
特に、夏場は死体の腐敗が激しいことやドライアイスを使っていても異臭が立ち込めることもあるので、初日に火葬場での告別式を行い翌日にお通夜を行って親族以外の親しい人々に参列して貰うケースも多いようです。

尚、お葬式の主な流れはお通夜から告別式といったもので、お通夜では故人の親しい人や生前付き合いがあった人々に参列して貰い棺に納められている故人の冥福を祈るなどのお葬式からスタートします。
お通夜の席では、喪主となる人は参列者に対して来てくれたことに対しての感謝の意を表すなど、食事やお酒などの提供を行うのが一般的な流れです。
初日はお寺さんに宿泊を行い、ろうそくの火を絶やさないように見守るのが古くからのやり方ですが、最近はお寺さんが代わりに故人のろうそくの火を守ってくれるなど遺族はそのまま帰宅をして翌日の告別式に控えることができるケースもあるようです。

これはお寺によりやり方が異なりますので、事前に打ち合わせをしてどのようにすべきかを聞いておくようにしましょう。
普段お寺に宿泊するなどの体験をされたことがない人も多いかと思われますが、お寺さんの多くが宿泊できる環境になっており本道の隣にある宿泊所などを利用して故人との最後の夜を過ごすことができる施設が用意されています。
翌日は告別式の流れになりますが、告別式では最初に火葬場に出向き故人との最後のお別れをします。
棺の中に入れることができる品物がどのようなものであるのか、事前に打ち合わせを行い準備を進めることをおすすめします。
1時間程で死体は焼却が完了となり遺族などを中心に骨拾いや骨壺への安置、そして告別式を執り行うなどの手順です。

すぐにオンラインカジノでプレイする方法とは

日本国内ではパチンコ屋一部の公営ギャンブルを除いてカジノが禁止されていますが、海外では合法的に営業ができる国や地域があります。

カジノが合法な国にあるオンラインカジノにアクセスすれば、日本に居ながら実際にお金をかけてゲームをプレーすることができます。

海外のオンラインカジノでも日本人利用者のために日本語でサポートが行われているので、英語が使えなくても大丈夫です。

オンラインカジノでプレーするためには、最初にアカウントを登録してからチップを入金する必要があります。

(※入金せずにオンラインカジノの無料プレイをお試しでできるカジノサイトもあります)

アカウント登録は簡単にできますが、チップを入金する作業は少し手間がかかります。

別サイトのオンライン決済サービスに登録して、指定された口座に振込をして入金します。

オンライン決済サービスに入金をしたら、カジノサイトのアカウントを開いて送金をしなければなりません。

ゲームに勝って配当金を受け取ることができたら、出金手続きをする必要があります。

出金の際もオンライン決済サービスにチャージしておき、そこから日本の銀行口座に振込をすることになります。

海外の会社とお金の受け渡しをする場合には、銀行にマイナンバーを登録しなければなりません。

オンラインカジノに登録してすぐにゲームをプレイしたい人は、仮想通貨を利用してチップの入出金をする方法があります。

一部のカジノサイトはビットコインやライトコイン・イーサリアムなどの数種類の仮想通貨の入出金に対応しているので、オンライン決済サービスや銀行の国際送金サービスを利用せずにお金のやり取りができます。

仮想通貨はオンライン決済サービスなどの第3者を介さずに相手と直接お金の受け渡しができるので、少ない手数料で短時間で送金をすることができて非常に便利です。

仮想通貨を利用してチップを入金する方法ですが、最初に送金するための仮想通貨のコインを購入する必要があります。

日本国内には複数の仮想通貨取引所(交換業者)があるので、いずれかに登録して日本円をビットコインなどの仮想通貨に両替をすることができます。

仮想通貨取引所はインターネット上で利用登録をすることができ、登録が済んだらインターネット銀行やコンビニ払いなどを利用して口座に入金をします。

日本円を入金したら、ビットコインなどの仮想通貨に両替しておきましょう。

次にオンラインカジノのサイトにログインして、金額を入力して入金用のコインアドレス(半角英数字の文字列)を表示させます。

仮想通貨取引所の出金画面を開いてカジノサイトの画面に表示されたコインアドレスをコピー&ペーストまたはQRコード入力して、指定された金額を出金(送金)すれば完了です。

ゲームに勝って配当金を得ることができた場合は、逆の順序で仮想通貨のコインを出金することができます。

仮想通貨取引所の入金画面を開いて入金専用のアドレスを表示させ、カジノサイトの出金画面にアドレスを入力して送金すれば配当金を受け取ることができます。

仮想通貨取引所でビットコインを日本円に両替して、自分の銀行口座に出金すれば完了です。

最近はビットコインでチャージして買い物ができるプリペイドカードがあるので、日本円に両替しないでプリペイドカードにチャージして消化する方法もあります。

ビットコインでチャージしたプリペイドカードで商品券を買ってチケットショップで換金すれば、銀行や仮想通貨取引所を利用しなくても日本円を受け取ることができます。

ビットコインなどの仮想通貨はオンラインカジノと相性が良く、誰でも簡単に国際送金ができます。

海外のカジノサイトを利用することを検討している方は、仮想通貨取引所の口座を開設しておくことをおすすめします。

子供のための生命保険選び

子供の生命保険選びは何を基準に選べばいいのでしょうか。

毎月の保険料の安さなのか、それとも保障内容によって選ぶべきなのか迷ってしまい、決めかねているママさんも多いでしょう。

そこで今回は、生命保険選びで大切な3つのポイントをご紹介していきます。

子供の万が一に備えて保険選びも慎重に行っていきましょう。

1つ目のポイントは、毎月の保険料です。

生命保険の中でも学資保険と合わせて積み立てタイプのものと、学資保険にプラスαとして付属しているものがあります。

前者も後者も学資部分以外に関しては掛け捨てになることが多く、数百円程度の支払いで済むこともあるでしょう。

子供の場合は、学資保険とセットになっているタイプに加入しておくだけでも問題ありません。

2つ目のポイントが、保障内容です。

万が一の際にどれぐらいのお金が保障されているのかという点は見逃すことができません。

ただし、大人とは違い、万が一の際にお金を残さなくてはいけないわけではない為、高額であれば良いというものではないのです。

まず大切なのは、どのようなけがや病気に適用されるのか、入院保険としても優秀であるかをチェックしましょう。

死亡時の手当よりも大切なのは、けがや病気をした時の入院保障です。

小さい時には、風邪をこじらせて入院することや怪我をすることが多く、思ってもいないタイミングで起きることも珍しくありません。

そのような時でも安心して入院することができるよう、入院保障に関しても充実しているものを選ぶのがポイントです。

入院何日目から保障されるのか、また一日の金額などをチェックしてみましょう。

保障内容が良くなればなるほど毎月の負担額は増えてしまいますので、どれぐらいのものが必要か考えておくことが大切です。

そして3つ目のポイントですが、見積もりを複数お願いすることです。

一つの会社だけで選ぶのではなく、複数から比較することで自分のニーズが分かってくるでしょう。

どこに重点を置いて選ぶかによって、プランなども異なってきますので、まずは見積もりを取ってもらってください。

ネットからであれば、一度に複数の保険会社へ見積もりをお願いすることが可能です。

子供の保険に関しては、大人に比べて後回しにしてしまう傾向がありますが、実は子供の方が必要な場面が多いと言われています。

集団行動が始まれば、風邪や流行り病を貰ってくる頻度も増えるでしょう。

学童期になれば、親の目の届かない場所でけがをすることもあります。

このような際に、万が一はいつ起こってもおかしくないのです。

万が一じゃなくても、入院が必要となるケースは少なくありません。

いくら助成があったとしても、治療費に関してだけです。

食事代や病衣代などは別になりますし、付き添いのママさんの食事代などは助成されません。

万が一の時はもちろんのこと、それ以外の時にも保険に加入しているというのは安心感に繋がります。

保険代が負担になるという人や、掛け捨ては嫌だというのであれば、共済保険などがおすすめです。

月々の保険代が安い割に保障が手厚いものが多いのです。

また、年に一度還付金という形で返金されること保険もあります。

どの保険に加入すればいいか迷った際には、相談窓口を利用するのもおすすめです。

自分のニーズに合った保険を提案してくれます。

保険は今ではなく未来に対しての安心を得るものです。

万が一の時に困ることがないよう、検討してみましょう。

今回ご紹介したポイントを踏まえて、複数から比較し、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

保険に関することは後回しにしてしまいがちなものの一つですし、内容が難しいことが多く理解するのが大変ではありますが、この先の未来に困ることがないよう一度考えてみましょう。

日本人が習得しやすい外国語

今や世界の公用語として英語が話せるのは常識といった考え方が日本でもしっかりと根付いていますが、文法が異なる英語は日本人にとって昔から手ごわい言語でした。

日本語の中で最も多く使われており、読むことと書くことにおいては優秀な成績を収めるにもかかわらず、聞いて話すとなるとさっぱりという人が非常に多いところに、日本人にとって英語の習得がいかに難しいかが分かります。

そもそも言葉というのは一定の並び方があり、これを文法と言います。

日本語では、私は少女ですといった具合に、自分は誰かを語った上で最後に締めくくりの言葉が来る並びです。

それに対して英語は、私はです少女といった具合に、並びが変わってきます。

簡単な言葉なら何とかなるものの、長文となると文法の違いが理解を大きく妨げるのは無理もありません。

そのため、文法が同じであることが外国語の習得の易しさと難しさを大きく分ける要因になるのです。

実は日本語は系統不明の独立言語のひとつで、他の国との言語との因果関係がよく分かっていません。

世界中で日本語を学びたいという人が増えている一方で、日本語の難しさに挫折する人が多いのも無理からぬところでしょう。

表記には漢字に平仮名やカタカナを用い、ある時は外国語も交えて話すのですから、外国の人たちが世界一難しい外国語に日本語をあげるのも納得です。

文字の習得が難しい上に、文法も違うとなればまさにお手上げ状態と言ってもよく、そんな中で外国籍ながら日本語を駆使している人は素晴らしいと言えます。

他の国との因果関係が見つからないとされるものの、日本語はアルタイ語族に分類されるという説があります。

実際、アルタイ語に属する外国語は日本語と文法がほぼ同じであり、日本語と似たような言葉や発音が多く見られるのが特徴です。

文法が同じであるというのは外国語習得において非常に大きなメリットで、極端に言えば単語をどんどん覚えて、日本語で言いたいことをその国の言葉に置き換えていけばいいだけということになります。

韓流ドラマと呼ばれる韓国のテレビドラマの大ヒットによって、一躍韓流ブームが巻き起こった時には韓国語を勉強する人が爆発的に増えましたが、その理由の一つに文法の並びが日本語と同じ、いわゆるアルタイ語に属する言語だったという要素があります。

先述した私は少女ですという言い方は、英語では順番が変わるのに対し、韓国語ならそのままの順番で当てはめられるため、ボキャブラリーを増やして発音をマスターすることと、ハングル文字を理解すれば文法の勉強は除けるのですから、習得しやすい言語なのは確かです。

文法の並びが同じアルタイ語には、他にもトルコ語やモンゴル語があり、この3つはもっとも日本語に近いという共通点があることから、習得しやすさでは群を抜いています。

モンゴル語を学ぶ機会と活用する機会は比較的少ないため、韓国語かトルコ語を選択することで、日本語以外の外国語を身に着けることができます。

特に遠くて近い国である韓国とは政治的にはぎくしゃくした関係が続いていますが、民間での交流は非常に盛んです。

韓国語をマスターできれば、新しい発見があったり、もしかしたら友人さえできるかもしれません。

政治的に問題が山積していることから、日本を訪れる韓国人は減少傾向にありますが、外国人観光客が多く訪れる店では韓国語を話せる人を募集しているケースも多く、なかなか身に付かない文法が異なる言語の習得に時間をかけるよりも、努力が成果に結び付きやすい韓国語を選ぶ方がメリットははるかに大きいでしょう。

韓国語が話せることによって仕事が見つかるといった付加価値があり、学んだ言葉を実践で使いこなすことができるのは自信にもつながります。

【海洋汚染問題】個人で出来るプラごみ対策

プラスチックのごみが海洋汚染を引き起こしていますが、対策として個人にできることにはどのようなことがあるのでしょうか。

まず、よく知られている対策方法として、買い物の際にエコバッグを持参する方法があります。

スーパーマーケットやコンビニ等でよくもらえるレジ袋ですが、買い物の度にもらうので家に溜まっているという人も多いと思います。

レジ袋はプラスチックでできているので、買い物の際にエコバッグを持参することで消費量を減らすことができます。

最近ではレジ袋が有料化されている店舗も多いので、エコバッグの使用は節約にもつながります。

エコバッグを持参すると、ポイントをもらえるところもあります。

また、スーパーマーケットやコンビニだけではなく、衣料品店や雑貨店などにも取り組みを広げていくとより効果を高めることができます。

エコバッグには様々な種類があるので、自分の好みに合うデザインや素材を選ぶと買い物が楽しくなります。

それからマイボトルの活用もプラごみ対策になります。

カップやストロー、ストローを包む包装などもプラスチックで出来ていることが多いので、マイボトルを持参することで消費を減らせます。

ストローは世界的にも話題になっており、使用を中止する企業も増えてきました。

紙製のストローや再使用が可能なメタルストローなどもあります。

コーヒーショップやファーストフード等で食事をすることが多いという人は、マイボトルを持参するのがおすすめです。

それから使用するマイボトルにも、再使用が可能なものを選ぶようにする必要があります。

洋服など衣類を選ぶ際には、天然繊維の素材を選ぶことも対策になります。

合成プラスチックの繊維を使用している衣類は沢山あり、それが洗濯の度に小さな粒子を放出するとされています。

それが川を通って海まで流れ、魚の体内に取り込まれることもあります。

最終的には、それを食べた魚から人の体内にも取り込まれてしまいます。

洋服だけではなく、寝具やカーペットなども天然繊維を選ぶのがおすすめです。

洋服や寝具、カーペットなどを選ぶ際には、素材をきちんとチェックすることが欠かせません。

毎日使用しているシャンプーには、シリコンといったプラスチックの材料となる成分が含まれていることもあります。

シリコンは髪の毛をコーティングして指通りを滑らかにしてくれますが、人工的に合成して作られています。

排水の中にも含まれてしまうので、全てをきちんと処理するのは難しいと言わざるを得ません。

そのため河川に流れてしまうものもあるのです。

ですからシャンプーを選ぶ際には、天然由来の成分でできているものを選ぶといいかもしれません。

ホテルや旅館に宿泊する際にも、シャンプーやボディソープ、歯ブラシなどのアメニティを持参するのも効果的です。

これらのアメニティは使い捨てなので、すぐにごみになってしまいます。

出張や旅行などに出かけることが多い人は、日頃から持ち歩くようにしておくとごみを減らせます。

それから大切なことは、ごみはきちんと持ち帰るかごみ箱に捨てることです。

その辺に捨てられてしまったものは劣化して小さくなり、風に飛ばされるなどして河川や海に流れ込みます。

そしてさらに小さい粒子になって海洋汚染を引き起こすのです。

特にアウトドアや海のレジャーに訪れた際などは、ポイ捨てしないように気を付けましょう。

ダストボックスに捨てられたものはきちんと処分されるので、河川や海に流れ込むリスクは大幅に減ります。

大きな公園などに行く場合には、ダストボックスの数が少なかったり設置されていないこともあります。

そういった時には、面倒でも持ち帰るようにしましょう。

大阪のホテル事情

大阪には様々なホテルがあります。

その中で、高級ホテルと呼ばれるところは1泊40万円以上をするのが特徴になります。

日本の企業ではありませんが、外資系企業として参入しているホテルです。

このホテルの特徴は、従業員に一人当たり20万円を使ってよい権限が与えられています。

単にそのお金を使ってよいだけでなく、お客様を喜ばせるために使ってよいとされているもので、実際にこれをそれだけのお金を使ってお客さんに喜んでもらった人も少なくありません。

具体的にどのような方法で使うかといえば、例えば大阪のホテルに泊まった人がホテルの中に大事な資料を忘れていたとします。

その資料をもとにしてその日に東京で夕方から講演会を行う場合、資料がなければとても講演会ができるような状況ではありません。

宅配便などで届けても、その日のうちに届く可能性は少なくたいていの場合翌日扱いになってしまうでしょう。

そうすると、その日の夕方までには間に合わないことになってしまいます。

そこで、従業員は20万円までなら使ってよいとの権限を利用して部屋の中に置きっ放しだった資料を新幹線で東京まで届けたとの話があります。

ここまで徹底したサービスをしてくれるところは日本にはまだありません。

それ以外では、レストランも高級なことで知られておりコカコーラを飲むと一杯\1080もします。

\1080のコカコーラを飲んだことがある人はほとんどいないでしょう。

それだけのお金がかかっているということは、高級な素材を使っているに違いないと考えるかもしれません。

しかし、実際に飲んでみると普通のコーラと変わりありません。

ですが、富士山の頂上で飲むコーラよりも高い金額を平気で出すのは、そこにブランドが生じているからといえます。

後有名なのは、ハンバーガーです。

通常普通の店で購入するハンバーガーは一個当たり\200から高くても\700程度です。

ですが、そこで提供されるハンバーガーは一個当たり\15000ほどします。

中にはトリュフが含まれており確かに高級ですが、それを差し引がどうしてもそこまでの金額になることはありません。

このように、非常に金額が高いため特定の人しか利用することができませんが、それでも一定数の利用者がいるのはやはりそこにブランドとしての価値を感じていることと、サービスが尋常ではないことです。

建物の中に入ると、そこを初めて利用するのに名前を呼ばれることがあります。

例えば面識のない従業員に「佐藤様、お待ちしておりました」などとよばれることも少なくありません。

入り口付近で名前を呼ばれた場合には名前をフロントのところで確認している可能性がありますが、なぜか客室の廊下でたまたますれ違った従業員にも「いらっしゃいませ佐藤様」などとよばれてびっくりする例があります。

大阪で宿泊したことがなくても、なぜか名前を覚えてくれるのは、どこの部屋にだれが宿泊するかを把握しているからです。

さらに驚くべきことは、過去に一回系列の宿泊施設に宿泊した人は好物は何かと聞かれ答えると、次回は別の場所に宿泊した場合、その部屋のテーブルの上に好物が置かれていることがあります。

例えば東京で宿泊した時に南高梅が好きと従業員に伝えると、大阪で宿泊した時もなぜかテーブルの上に南高梅が置かれていることがあるわけです。

それ以外でも、白ワインが好きと伝えるとなぜか冷蔵庫の中に白ワインが入っていることも少なくありません。

ここまで設定できるのは、普通の宿泊施設ではなくサービスに莫大なお金を使うことができるからです。

普通の宿泊施設が真似しようともっても、このレベルのサービスを真似することはできないでしょう。

このように、大阪でもランクの高い宿泊施設はそれなりのサービスが充実しているのがポイントです。