子供のための生命保険選び

子供の生命保険選びは何を基準に選べばいいのでしょうか。

毎月の保険料の安さなのか、それとも保障内容によって選ぶべきなのか迷ってしまい、決めかねているママさんも多いでしょう。

そこで今回は、生命保険選びで大切な3つのポイントをご紹介していきます。

子供の万が一に備えて保険選びも慎重に行っていきましょう。

1つ目のポイントは、毎月の保険料です。

生命保険の中でも学資保険と合わせて積み立てタイプのものと、学資保険にプラスαとして付属しているものがあります。

前者も後者も学資部分以外に関しては掛け捨てになることが多く、数百円程度の支払いで済むこともあるでしょう。

子供の場合は、学資保険とセットになっているタイプに加入しておくだけでも問題ありません。

2つ目のポイントが、保障内容です。

万が一の際にどれぐらいのお金が保障されているのかという点は見逃すことができません。

ただし、大人とは違い、万が一の際にお金を残さなくてはいけないわけではない為、高額であれば良いというものではないのです。

まず大切なのは、どのようなけがや病気に適用されるのか、入院保険としても優秀であるかをチェックしましょう。

死亡時の手当よりも大切なのは、けがや病気をした時の入院保障です。

小さい時には、風邪をこじらせて入院することや怪我をすることが多く、思ってもいないタイミングで起きることも珍しくありません。

そのような時でも安心して入院することができるよう、入院保障に関しても充実しているものを選ぶのがポイントです。

入院何日目から保障されるのか、また一日の金額などをチェックしてみましょう。

保障内容が良くなればなるほど毎月の負担額は増えてしまいますので、どれぐらいのものが必要か考えておくことが大切です。

そして3つ目のポイントですが、見積もりを複数お願いすることです。

一つの会社だけで選ぶのではなく、複数から比較することで自分のニーズが分かってくるでしょう。

どこに重点を置いて選ぶかによって、プランなども異なってきますので、まずは見積もりを取ってもらってください。

ネットからであれば、一度に複数の保険会社へ見積もりをお願いすることが可能です。

子供の保険に関しては、大人に比べて後回しにしてしまう傾向がありますが、実は子供の方が必要な場面が多いと言われています。

集団行動が始まれば、風邪や流行り病を貰ってくる頻度も増えるでしょう。

学童期になれば、親の目の届かない場所でけがをすることもあります。

このような際に、万が一はいつ起こってもおかしくないのです。

万が一じゃなくても、入院が必要となるケースは少なくありません。

いくら助成があったとしても、治療費に関してだけです。

食事代や病衣代などは別になりますし、付き添いのママさんの食事代などは助成されません。

万が一の時はもちろんのこと、それ以外の時にも保険に加入しているというのは安心感に繋がります。

保険代が負担になるという人や、掛け捨ては嫌だというのであれば、共済保険などがおすすめです。

月々の保険代が安い割に保障が手厚いものが多いのです。

また、年に一度還付金という形で返金されること保険もあります。

どの保険に加入すればいいか迷った際には、相談窓口を利用するのもおすすめです。

自分のニーズに合った保険を提案してくれます。

保険は今ではなく未来に対しての安心を得るものです。

万が一の時に困ることがないよう、検討してみましょう。

今回ご紹介したポイントを踏まえて、複数から比較し、自分のニーズに合ったものを選ぶことが大切です。

保険に関することは後回しにしてしまいがちなものの一つですし、内容が難しいことが多く理解するのが大変ではありますが、この先の未来に困ることがないよう一度考えてみましょう。