日本人が習得しやすい外国語

今や世界の公用語として英語が話せるのは常識といった考え方が日本でもしっかりと根付いていますが、文法が異なる英語は日本人にとって昔から手ごわい言語でした。

日本語の中で最も多く使われており、読むことと書くことにおいては優秀な成績を収めるにもかかわらず、聞いて話すとなるとさっぱりという人が非常に多いところに、日本人にとって英語の習得がいかに難しいかが分かります。

そもそも言葉というのは一定の並び方があり、これを文法と言います。

日本語では、私は少女ですといった具合に、自分は誰かを語った上で最後に締めくくりの言葉が来る並びです。

それに対して英語は、私はです少女といった具合に、並びが変わってきます。

簡単な言葉なら何とかなるものの、長文となると文法の違いが理解を大きく妨げるのは無理もありません。

そのため、文法が同じであることが外国語の習得の易しさと難しさを大きく分ける要因になるのです。

実は日本語は系統不明の独立言語のひとつで、他の国との言語との因果関係がよく分かっていません。

世界中で日本語を学びたいという人が増えている一方で、日本語の難しさに挫折する人が多いのも無理からぬところでしょう。

表記には漢字に平仮名やカタカナを用い、ある時は外国語も交えて話すのですから、外国の人たちが世界一難しい外国語に日本語をあげるのも納得です。

文字の習得が難しい上に、文法も違うとなればまさにお手上げ状態と言ってもよく、そんな中で外国籍ながら日本語を駆使している人は素晴らしいと言えます。

他の国との因果関係が見つからないとされるものの、日本語はアルタイ語族に分類されるという説があります。

実際、アルタイ語に属する外国語は日本語と文法がほぼ同じであり、日本語と似たような言葉や発音が多く見られるのが特徴です。

文法が同じであるというのは外国語習得において非常に大きなメリットで、極端に言えば単語をどんどん覚えて、日本語で言いたいことをその国の言葉に置き換えていけばいいだけということになります。

韓流ドラマと呼ばれる韓国のテレビドラマの大ヒットによって、一躍韓流ブームが巻き起こった時には韓国語を勉強する人が爆発的に増えましたが、その理由の一つに文法の並びが日本語と同じ、いわゆるアルタイ語に属する言語だったという要素があります。

先述した私は少女ですという言い方は、英語では順番が変わるのに対し、韓国語ならそのままの順番で当てはめられるため、ボキャブラリーを増やして発音をマスターすることと、ハングル文字を理解すれば文法の勉強は除けるのですから、習得しやすい言語なのは確かです。

文法の並びが同じアルタイ語には、他にもトルコ語やモンゴル語があり、この3つはもっとも日本語に近いという共通点があることから、習得しやすさでは群を抜いています。

モンゴル語を学ぶ機会と活用する機会は比較的少ないため、韓国語かトルコ語を選択することで、日本語以外の外国語を身に着けることができます。

特に遠くて近い国である韓国とは政治的にはぎくしゃくした関係が続いていますが、民間での交流は非常に盛んです。

韓国語をマスターできれば、新しい発見があったり、もしかしたら友人さえできるかもしれません。

政治的に問題が山積していることから、日本を訪れる韓国人は減少傾向にありますが、外国人観光客が多く訪れる店では韓国語を話せる人を募集しているケースも多く、なかなか身に付かない文法が異なる言語の習得に時間をかけるよりも、努力が成果に結び付きやすい韓国語を選ぶ方がメリットははるかに大きいでしょう。

韓国語が話せることによって仕事が見つかるといった付加価値があり、学んだ言葉を実践で使いこなすことができるのは自信にもつながります。